スポット

HOME > 観る > 山王史跡公園 あやめ園

山王史跡公園 あやめ園

あやめまつり

 一迫山王史跡公園の一角、あやめ園。広さは13,000平方メートルあり、アヤメやカキツバタ、ハナショウブなどを植栽し、約300品種22万株を整備しています。
 アヤメ類の「標本園」とハナショウブの改良過程を表す「改良歴史園」を設置し、ハナショウブの原種「ノハナショウブ」を植栽するなど、「あやめ文化」を踏まえた特色のある「公営あやめ園」です。


 毎年6月中旬から7月上旬ころに「あやめまつり」を行い、園内は県内外から訪れた観光客で賑わいます。祭りの期間中は、園内で「みちのく鹿踊大会」や「神楽大会」など、たくさんのイベントが行われます。

■アヤメ(5月下旬~6月上旬頃)
 本あやめ園には、山野に自生する青色、白色のほか、桃色、藤色、赤紫などの「設楽系」改良アヤメが多く植栽されています。アヤメは、水はけがよく、日のよくあたるところが最も植栽に適しています。

■カキツバタ(5月下旬~6月中旬頃)
 原種は三弁の青色・白色の花であるが、「舞孔雀」のような多弁花もあり、藤色、白色などの種類もあります。水を好むので、浅い池や堀の周辺が最も植栽に適しています。

■ハナショウブ(6月中旬~7月上旬頃)
 本あやめ園には、原種の「ノハナショウブ」をはじめ「長井古種」「江戸系」「伊勢系」「肥後系」の花が咲き誇ります。雨の日などに少しの水のたまるような場所が植栽に適しています。
(あやめ祭り期間中に咲く花です)

■ 開園期間 1月4日から12月28日(12月29日から翌年1月3日までは休園)
■ 開園時間 8:30 から 17:00
■ 入園料金 通常は無料で入園できますが、あやめまつりの期間中のみ、料金がかかります。
         ※近隣の南くりこま高原一迫ゆり園との共通入園券もございます。
           (一迫ゆり園は6月20日(金)から7月31日(木)までの開園予定です。一迫ゆり園情報はコチラ



 

地 図

ルート検索

交通手段
出発地点

住所・地名等
▼ルート一覧


スポット一覧に戻る

世界に広げよう!くりはらの「輪」

栗原市のご案内

お土産・特産品ご紹介

20140911115321_2042730870.jpg

ねじり ほんにょ キャラクターグッズ

栗原市マスコットキャラクター「ねじり ほんにょ」のキャラクターグッズ販売中です!NEWアイテムも登場。ココをクリック!

詳細を見る

20131213055857_153783851.jpg

【仕込み味噌と麹】 十六人兄弟味噌 阿部徳麹店

二百二十年余もの伝統を今に伝える麹屋。昭和四十年頃から仕込み味噌の加工も営む。 地元産の原料にこだわり、余計なものは一切混ぜないこだわりの製品を心がけています。

詳細を見る

20131217105110_215886470.jpg

【伝統の味を守る和洋菓子屋】 志んこや

創業100年以上続く素材にこだわった和洋菓子店。昔も今も一番人気は「しんこもち」。またロールや焼き菓子等も多数取り揃え。

詳細を見る

一覧を見る

会員一覧

栗原市 公式ウェブサイト

栗原地域観光情報

仙台宮城DCキャンペーンサイト

南いわて・北みやぎ

栗原市観光物産協会ツアーについて


このページの先頭に戻る