本文へ移動

一迫山王史跡公園 あやめ園 

 ※令和3年度の一迫山王史跡公園あやめ祭りは中止となりました。
 あやめ園は無料でご覧いただけます。

一迫山王史跡公園の一角、あやめ園。広さは13,000平方メートルあり、アヤメやカキツバタ、ハナショウブなどを植栽し、約300品種22万株を整備しています。
アヤメ類の「標本園」とハナショウブの改良過程を表す「改良歴史園」を設置し、ハナショウブの原種「ノハナショウブ」を植栽するなど、「あやめ文化」を踏まえた特色のある「公営あやめ園」です。

毎年6月中旬から7月上旬に「山王史跡公園あやめ祭り」を行い、園内は県内外から訪れた観光客で賑わいます。祭りの期間中は、園内で「みちのく鹿踊大会」や「神楽大会」など、たくさんのイベントが行われます。
 
■アヤメ(5月下旬~6月上旬頃)
本あやめ園には、山野に自生する青色、白色のほか、桃色、藤色、赤紫などの「設楽系」改良アヤメが多く植栽されています。アヤメは、水はけがよく、日のよくあたるところが最も植栽に適しています。
 
■カキツバタ(5月下旬~6月中旬頃)
原種は三弁の青色・白色の花であるが、「舞孔雀」のような多弁花もあり、藤色、白色などの種類もあります。水を好むので、浅い池や堀の周辺が最も植栽に適しています。
 
■ハナショウブ(6月中旬~7月上旬頃)
本あやめ園には、原種の「ノハナショウブ」をはじめ「長井古種」「江戸系」「伊勢系」「肥後系」の花が咲き誇ります。雨の日などに少しの水のたまるような場所が植栽に適しています。
(あやめ祭り期間中に咲く花です)
 
■ 開園期間 1月4日から12月28日(12月29日から翌年1月3日までは休園)
■ 開園時間 8:30 から 17:00
■ 入園料金 通常は無料で入園できますが、あやめまつりの期間中のみ、料金がかかります。
               通常            団体割引(20人以上)
一般        520円       420円
高校生以下   260円  210円
シーズン券                               1,040円
 

令和3年7月2日(金) 園内の様子

ピークは過ぎましたが、まだ花が残っていました。
園内のアジサイも咲いていました。
あやめ園向かいにある山王史跡公園の池に、スイレンの花が咲いていました。

令和3年6月28日(月) 園内の様子

見ごろはあと数日程度と思われます。

令和3年6月24日(木) 園内の様子

見ごろが続いています。
あやめ園向かいにある山王史跡公園の池に、スイレンの花が咲いていました。

令和3年6月20日(日) 園内の様子

見頃です

令和3年6月17日(木) 園内の様子

見ごろを迎えております。

令和3年6月14日(月) 園内の様子

ハナショウブが咲き進んで、五分咲きでした。

令和3年6月7日(月) 園内の様子

シマカキツバタが咲いていました。

令和3年5月24日(月) 園内の様子

あやめが咲いていました。

令和3年5月17日(月) 園内の様子

あやめは咲いていましたが、カキツバタやハナショウブはまだ咲いていませんでした。
園内北側にあやめが咲いていました。
あやめ園全体でおおよそ1割から2割ほどが咲いていました。
入口の様子

令和2年 園内の様子

6月29日(月)

  

  

6月27日(土)

  

  

6月25日(木)

  

  

6月24日(水)

  

  

6月21日(日)

見頃を迎えています。

  

  

6月17日(水)

見頃を迎えています。

  

  

6月15日(月)

だいぶ咲いてきて見頃を迎えていますね。

  

  

6月8日(月)夕暮れ時

  

  

6月7日(日)

  

  

5月24日(土)

あやめが咲き始めています。

 

 

こちらもチェック

牛渕公園

牛渕公園の詳細はコチラ
一般社団法人栗原市観光物産協会
栗原市商工観光部田園観光課
TOPへ戻る